ごあいさつ

はじめまして。代表の西沢拓朗です。当社は室内楽やオーケストラ等、クラシック音楽のホール録音を主力業務とする録音制作会社です。“その場・その時” に限られる音楽体験をより多くの人に届けることを使命とし、録音機材の先進性や数値上の優位性をいたずらに追い求めることなく、演奏や楽曲の本質に迫ることを何より大切にしています。

さて、高性能な機材が安価で手に入り誰もが気軽にコンサートを撮影・録音できる昨今、インターネット上には数えきれないほどの動画がアップされ集客やプロモーションに活用されています。ところが、その大半はコンサートの雰囲気を伝えきれていないのが現状――なぜなら、どんな高価なレンズもマイクロフォンも、ヒトの目や耳とは異なるから――録音を通してより多くの方に演奏や楽曲の魅力を伝えるために、機材と感覚との橋渡しをするのが当社の役割と信じ、作品制作はもとより、リサイタルやコンサートの記録、演奏会・発表会の記念など、録音を通じて音楽活動のお手伝いをいたします。